自分に合った枕の大切さ|肥満ボディーを何とかしたいならココ|自信へ繋がる
婦人

肥満ボディーを何とかしたいならココ|自信へ繋がる

自分に合った枕の大切さ

睡眠

どんな枕が理想なのか

理想の枕とされる枕は、首の頸椎にあるカーブにピッタリと密着して支える高さ・柔らかさをしていることが大切です。他に、寝返りが無理なくできるかどうかや横向きの寝方でも起立時の正しい姿勢を保てるかも大事なポイントです。人にはいろんな姿勢が存在しますが、正しい姿勢というのは首から腰にまでつながる背骨がS字型になっている状態です。正しい姿勢は体に一番負担がかからない姿勢なので、立っている時も寝ている時も正しい姿勢でいることが疲労感の軽減や疲労回復のためになります。睡眠は心身的な疲労や傷を修復する行為であり、心身の回復を図る行為です。ちゃんとした修復・回復を行うためには、良質な睡眠が必要です。理想の枕を使用して良質な睡眠を行い、適切な心身の修復や回復を行うことで日頃の不調感や朝の重怠さを改善できる可能性があります。

頭と首の当て方も意識する

枕には、正しい当て方が存在します。普段から行ている当て方や癖になっている当て方は人それぞれですが、正しい当て方を意識して実行することで眠りやすくなる上に起きた時の気分も良くなると思います。正しい当て方では肩が少し枕に触れるくらいがちょうど良いとされているので、頭から首は枕に乗るかたちになります。枕の真ん中か真ん中より少し上あたりに頭を置くと、いい感じに納まります。手前だと肩が枕に触れないので首に負担がかかり、上に行き過ぎると頭が下がるので頭痛や首の痛みを招くことがあります。骨格や大きさは個性になるので、肩が枕に軽く触れて頭・首・肩がゆったりと落ち着く位置を探すと良いです。理想の枕を使用したら、正しい当て方に気を付けることでより理想の枕の良さが発揮されます。もし、評価の高い理想の枕を購入したけど何をしてもフィットしない場合は別の枕を探すことをおすすめします。