女の人

肥満ボディーを何とかしたいならココ|自信へ繋がる

健康への第一歩

お腹

適正な体重とは

健康維持のために重要なことのひとつとして、適正な体重の維持があります。身長と体重から算出される体格指数であるBMIという言葉の認知度も高まってきました。BMI25以上が肥満と定義されている一方、BMI22が健康増進のためにちょうどよいとされています。これを基に考えると、自分の身長(m)×自分の身長(m)×22で求められる数字が、あなたの適正体重であるということが分かります。肥満の状態が続くと、血糖値が高くなります。これは血糖値の調整をするインスリンというホルモンが、脂肪細胞から出される物質によって働きを阻害されることがその一因であるといわれています。また、肥満の場合同時に脂質異常症をきたすことも多いのです。

万病予防のために

脂質異常症は、中性脂肪高値やLDLコレステロール高値などを、血中の脂質異常を指します。肥満の原因は、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っていることにあります。使われなかったエネルギーは、中性脂肪に変換されて体に蓄えられます。血中の脂質異常が続くと、血管に負担がかかって動脈硬化を引き起こしたり、血管が詰まるなどして、心臓や脳血管疾患などの命に関わる病につながります。また、細い血管から蝕まれるので、腎臓の血管が損傷して慢性腎臓病を引き起こしたり、目の網膜がやられて白内障になるなど、取り返しのつかない事態になります。肥満の解消は、万病の予防につながります。摂取エネルギーを適正に保ち、適度な運動習慣を持ちましょう。また、食物繊維が含まれたサプリメントを摂取するのもいいでしょう。これは満腹感を得ることができるので、ダイエットの味方になります。さらに糖尿病などの予防効果もあると言われています。さらに、大豆製品には脂肪の燃焼を促してくれる効果もあると言われています。

自分に合った枕の大切さ

睡眠

理想の枕は上質な睡眠のために欠かせないアイテムですが、人それぞれ理想とされる枕は違います。人の評価は参考になりますが自分が合うと感じることが一番大事なので、購入前に試用することが望ましいです。また、理想の枕の効果を引き出すために正しい当て方を意識して行うことが大切です。

詳細へ

男女で得られる健康効果

栄養剤

女性ホルモンは一生の分泌量はわずかですが、その効果は大きなものです。不足することで老化現象が目立つようになります。女性ホルモンを増やすには食生活の改善が有効です。たんぱく質をバランスよく鉄分を多めに摂りましょう。また男性が摂取することで美肌効果も生まれるので、夫婦で取り組んでもいいでしょう。

詳細へ

体を温めて不調を治す

手

遠赤外線を利用した健康グッズは、体の芯から温めることが出来ると人気があります。特に衣類は身につけるだけで、体が温かくなると言われています。使い過ぎには気をつけながら、治療の補助的な役割として使うのが良いです。

詳細へ